カテゴリ:ババプーレ博士から学んだ日常( 8 )

イギリス出張から戻りました^^
あちらは、すっかり暖かく、日中はシャツ1枚で歩ける陽気だったのですが、日本はまだ寒いですね^^;
しかも今日からしばらく雨模様。
なんだか、イギリスと日本の気候が逆転しているような。。。?

さて、あちらで学んできたことを、皆さんにシェアできる範囲で書いていこうと思います。

今日は「鉄分とファラディックケージ」の関係。
ファラディックケージって、聞いたことないですよね?
私も数年前に初めて、ババプーレ博士のTEKコースで聞きました。

なんでも、ファラディックケージというエネルギー体は、私達の守りをしているエネルギー体なのだそうです。
そして、鉄分と関連しているので、鉄不足になるとファラディックケージも弱くなるというしくみだそうです。

TEKでは、まず栄養素がどうなっているか、ということを筋反射でチェックするのですが、ほぼほぼの女性は鉄分不足なんだな、というのが私の経験です。
例にもれず私もそうだったのですが、特に貧血とかがなければ鉄不足は疑わないですもんね。

鉄分不足になると、身体が疲れやすくなります。
ダルくて、あくびばっかり出るような方は特に要注意。
きっとファラディックケージも弱まっているんでしょうね。

しかも、いろんな意味で「守り」を求める方が多いです。
特にLTOEは、「守り」に特化しているものが多いので、そう感じるのかもしれませんが。。。
人の影響を受けやすい、とか、いろいろ。。。

そういう方は、ぜひ鉄分も摂ってみてください。
きっと、あなたのファラディックケージが強くなって、いろんな影響があまり気にならなくなるかもしれません。

お試しを~☆

ちなみに、エネルギーが全体的に整うと、栄養素も整ってきます。
これ、不思議☆
この両方を平行して整えていくことが大切なのだということを、TEKを通してババプーレ博士はおっしゃています。

で、私達生徒は一生懸命、博士の教えに従うわけですね。
年齢によって、必要な栄養のボリュームも変化します。
私も少し前から、以前より多めの鉄分と亜鉛、ビタミンDが必要になりました。
この間会った人達は、きちんとそれをやっているわけ。
すると、先日も書いたように、数年ぶりに会った人が若返っている!ということになるんですね。

みなさんもご一緒に☆
健康なボディー、マインド、スピリットを一緒に作り上げていきましょう♪♪♪









[PR]
by healingorchid | 2017-04-07 17:56 | ババプーレ博士から学んだ日常
先日、スイスのファーマシーの記事を書きまして、そこで博士がしたこと、というのがそのままになっておりました。
今日はそのことについて書きますね^^

このファーマシーさん、ちょうどクリスマス前ということで、プレゼント用にLTOEのオーラスプレーとパワストーンを箱に入れ、きれいなセットにしてショーウインドーに飾っていらっしゃいました。
それを見た博士が、「この販売の仕方はいいね」とおっしゃったのですが、しばらくじーっと見て、「正しくないものがあるな、これをやらないといけないな」とおっしゃいました。
a0205996_15300229.jpg
で、お店のオフィスに連れて行ってもらった時に、その話をして、なにがどう正しくないのか、キネシオロジーでテストしていきましょう、ということになりました。

私が用意されている5つの箱(中に入っている組み合わせが違います)を一つづつ持ち、博士が私の腕でテストしてきました。

5つのうち、OKだったのは1つだけで、4つは何かが違うという結果でした。

で、そこから、細かくチェックをしていきました。

まず、
・オーラスプレー単品のエネルギーをテスト。
・次に、パワーストーンをテスト。
・箱に敷いた布地をテスト。

それぞれテストしたところで、つぎに、
・スプレーと石を持ち、テスト。それがOKなら、次に布地も持って3つの組み合わせ(スプレー、石、布地)をテスト。
・スプレーと石の組み合わせでNOが出たものは、どの石となら組み合わせられるのかをテスト。

こんな感じで、それぞれの組み合わせをテストしていきました。
これ、とても大切なことなのです。

博士の言葉を借りると「お客さんに迷惑をかけるようなものを販売しちゃいけないからね。」ということです。

特に、クレンジングされていない石はいけません。
パワーストーンというのは、違う時代、場所を生きた石たちが掘り起こされたものを卸業者さんがまとめて販売しているので、特にそういうものが数種類あると、エネルギーが混沌とするのだそうです。
基本ここはファーマシーなので石はいつもないのですが、たまたまクリスマスの販売用に用意された石がたくさん置いてある部屋で、「この部屋は石のエネルギーがうるさいな」と博士が言っていました。

こうやって見ていくと、とてもかわいらしく素敵なものでも、作られているものの組み合わせでエネルギーがNOになってしまっているものがたくさんあることに気が付きます。
スピリチュアルな商品によくある、特別なパワーが込められている、という手のものは、その特別なパワーを注入している人や入れ方、作られ方に要注意です。
(私は個人的に、この手のものには手を出さないようにしています)
作り手のエネルギーそのものが、商品の中に入ってしまっているということがよくあるみたいです。

ちょっと厳しいモノの見方かもしれませんが、意外にみなさん、無駄使いしていて、それでお金がないとおっしゃっている方も大勢いらっしゃいますから。

識別力というのが問われる時代なのです。

2017年、よい年を作っていきましょう♪


[PR]
by healingorchid | 2016-12-27 15:33 | ババプーレ博士から学んだ日常
ブリト=ババプーレ博士がたくさんの人に出したアドバイス。

毎日20分間、パートナーと静かに腕の中で抱き合いなさい。
この20分間は、お互い一言もしゃべらず、ただじっと相手の腕の中にいなさい。
決して、今日は忙しかった、とか、明日の段取りとか、話すんじゃないよ。
いろいろゴソゴソするのは、20分の後。
時間がないとか、いろんな理由で、この20分を嫌がる相手なら別れなさい。
本当に思い合い、いたわりあってる相手なら、1日20分の時間が作れないわけがないのだから。

結婚している、していない、に関わらず、パートナーのいる人には、この20分ルールはとても大切。

特に、今回出会った日本の女性たちは、皆、本当の相手を探し求めている魂たちだった、と、おっしゃっていました。

日本滞在の最終日、お昼を食べに行ったうどん屋さんで、近くにいた家族。
5歳くらいの小さなお子さん、お母さんとお父さんの3人家族。
若いお父さんが、楽しそうにせっせと子供の面倒をみて、お母さんがニコニコそれを見ながら
お昼食べてる様子。
その様子を見ていた博士が、「ようやく日本で幸せな女性を見たよ。あー、よかった。」とおっしゃいました。

ようやく、満たされた女性の姿、輝いた女性を見たんですね。。☆

本当に輝く女性というのは、仕事で成功しているとかっていうことではなく、心が満たされているという状態。
パートナーシップはとても大切な要素。
だから、自分が幸せを感じない相手とは別れた方がマシ、と博士は言います。
(ハートチャクラのエネルギーがダウンするわけだから、全体のエネルギーに影響するわけね。)

日本には、「お風呂沸いたョ。」・・「うん」
「ごはんできたけど?」・・「あー」
という調子の、TVばかり見る夫。
まともな会話すらない夫婦がたくさんいるわけなんだけど。。

まずは、20分ルールから。

どうぞお試しください☆☆☆
[PR]
by healingorchid | 2016-04-14 16:09 | ババプーレ博士から学んだ日常
博士が帰国されて1週間。
ようやく、日常が戻ってきた感じです。。

博士がいた2週間は、毎日いろんな学びがありました。
セッションはもちろんですが、日常がやっぱり大切。
少し振り返ってみようと思います^^

まず、空港から到着した日、うちのサロンと事務所に来て、入り口付近から全てを観察されました。
事務所に足を踏み入れるなり、「This is wrong.」

は?なにがダメなのか??

事務所のエネルギーがダメだと言われ、急遽、博士に言われるままに、クリスタルと植物で調整をしました。
私のデスクの上に、大きなローズクオーツの岩石(電話と私を結ぶ線の真ん中)、もう一つのデスクにアメジストの岩石、窓辺に博士が持ってきてくれたスペクトロライトの仏陀、部屋の隅に観葉植物という配置。
これでエネルギーが整ったというのは、私の身体ですぐにわかりました。
なぜなら、それまで出ていた咳が止まったから。
花粉症が突然始まって咳が出ているのだとばかり思っていたんだけど、違ったみたい。。。

ここへ引っ越してきて丸2年。
よくこんなに寒いエネルギーの部屋で仕事をしてきたもんだ、と言われました(--;)
確かに、引っ越し当初、他の部屋はいろいろやりましたが、事務所はこんなものかと、特に力を入れていなかったのです。
しかも、この部屋は南向きながら、あまり陽が入らないので、もともと寒い部屋なのだと思っていました。
反省。。。

サロンを含む他の部屋は特に問題なくてよかったです。

施術室の岩塩ランプは、24時間つけっぱなしにしておきなさい、と言われました。
特にエネルギーワークをする部屋なので、この方が、塩の多い食生活をしている私達のエネルギーに、うまく合わせられるようです。

別の日に、すきやきディナーを用意してくれた妹の家を訪れた博士。
甥っ子の寝室に入り「ここがダメだ、空気が流れていない」と言われ、換気がどうなっているのかと壁際を調査し始めた博士。
そしたら、なんと!甥っ子が部屋の換気口から入ってくる音がうるさいからと、粘土で隙間をピタピタに埋めていたのを発見。
私達一同ビックリ!

博士と甥っ子が二人で、粘土をはずして換気口を元の状態にし、そういうことなら、とベッドを反対側の壁際に移動。
部屋の模様替えが終わり、ベッドサイドテープルにローズクオーツを置くよう指示されました。

場を整えるのに、ローズオーツは最適なんですね。

東京のセッションで使っていた部屋も、実はキビシイものがあり、、
博士はあの場所の問題点を指摘。
でも、私達が使っている間はエネルギーをコントロールしてくださっていました。
またこの場所を使う予定のある私に持参するようにと、いくつかのものを提案してくださいました。

その場に入ると、すぐにわかってしまう博士は、本当にすごいのでした。。。

(続く。次は食事編ね^^)
[PR]
by healingorchid | 2016-04-14 15:33 | ババプーレ博士から学んだ日常
「ブリト=ババプーレ博士から学んだ日常のこと」をたくさん書いてきました。
今日は、その他もろもろ最終回。

花粉の時期だったこともあり、町を歩けばマスクをしている人がたくさん、なのですが、、
博士はマスクをつけることの問題点を指摘されました。

マスクをつけると、自分の吐き出した息を吸い込みます。
私達は息を吐く時、二酸化炭素を吐き出すと同時に、体内の雑菌を吐き出しています。
マスク内で、その二酸化炭素をまた吸い込み、脳がパニックを起こすらしい。。

電車で前の席に座っていたご婦人2人がマスクをつけていたのをみて、この話をし、私に、「前の人の目をみてごらん。パニックがわかるでしょう。」とおっしゃいました。

ムムム???

私には、この人はこういう目なんじゃないの?としかわからなかったのですけれど、博士にしかわからないことがみえていたのかもしれません。。

しかも吐き出した雑菌がマスクの中に充満し、顔につき、プツプツができるという。。。

私はマスクをしても、すぐに意気苦しくなって、結局すぐにはずしてしまうのですが、意外にこれは自然なことだったのかもしれないなぁ、と思いました。

花粉アレルギーの方は、どう言われてもマスクが必要かもしれませんが、やっぱり人間は、いい酸素を吸っていい呼吸をすることが健康の秘訣なのでしょうね。

冬にスイスに行った時に、おいしい空気をたくさん吸っておこうと思いましたが、吸いだめはできませんでしたぁ。。
あたりまえか。。(><)


それから、ほくろ。
外でお昼を食べていた時、近くに、顔に小さなほくろがたくさんある若い女性がいました。
その彼女のほくろをみて、そのうちの一つが悪性だけど、本人は気づいていないなぁ、とおっしゃいました。

ムムム???

そう言われれば、一つだけ、色が他よりも黒かったかもしれません。
これも、博士の目でないとわからないこと。
お顔にほくろのある方は、ちゃんとUVクリームを塗ることが大切なんだそうです。
気を付けましょうね。

こんな風に、博士と一緒にいると、今まで当たり前だったことが自分に影響していたと気付かされることが多々あります。
個人セッションを受けた方々の中にも、いろんなことを指摘されて驚かれた方も多いはず。
考え方のパターンを指摘された人も多かったです。
あなたがこう思っているから、こうなんだよ、って。

自分の現実は「自分の思い」が作り、自分の健康は「日常の繰り返し」が作り出すことを痛感します。

まずは自分に優しく、自分を愛し、前向きに過ごしましょう♪
そして、あたり前になっているパターンは一度変えてみるのもいいかもね^^
[PR]
by healingorchid | 2016-04-07 15:03 | ババプーレ博士から学んだ日常
博士が神戸入りして2日目に言った言葉「神戸の水はクロリンガスのにおいがプンプンしておる」

えぇぇぇ?!?!?

クロリンとは「塩素」のことです。

塩素ガスのにおい??
私の鼻ではわからないんだけど。。。?

私の住む地域は神戸とはいえ、大阪の淀川の水をいただいています。
その浄化のために、神戸市水道局が決めた基準値の塩素ガスの量なんだと思うけど、、、

たまたま、水道局がクロリンガスを入れる日が最近だったのかもしれなくて、それでにおいがキツイのかもしれないから、数日、様子をみてみましょう、と、博士がおっしゃったので、では~、と2週間後、やっぱりにおいのキツサは変わらず。。

ということは、ずーっとこの調子なんですね。

ちなみに、京都と東京では、クロリンガスのにおいはないね、とおっしゃっていました。
京都と東京のみなさん、よかったですね^^
神戸市の水道局さん、この件、なんとかしてほしいんですけどー!!

で、一度、みてほしいと思っていた、うちの浄水器を通した水。
こちらは、大変ピュアな水になっているとわかりました。
ボルビックよりもピュアだよ、って。
なので、飲み水は必ずこの浄水器を通すように、と言われました。

でもね、もともと日本の水は軟水で、水からカルシウムを摂ることはできないのはご存知と思いますが、浄水器を通した水は、それ以外のミネラル分もとってしまっていることがわかりました。
(どの浄水器もそうなのかは、わかりませんが、多分そうかな?)

やっぱり、ミネラル分を摂るにはサプリメント利用の他に道はないようです。。

まずは、自分を整えないと何も始まらないので、博士の教えに従って進みます。
みなさんもご一緒に~♪
[PR]
by healingorchid | 2016-04-04 17:17 | ババプーレ博士から学んだ日常
電磁波の話をする前に。。
日本の食事で塩分過多になった博士。
帰国される数日前から、目から塩が出てくるとおっしゃっていました。
朝起きると、目頭に目やにではなく塩の塊が出てきていて、目がひっついてイヤだったみたいです。
それは、イギリスに帰ってからもしばらく続き、身体が塩抜きをしていたみたい。

は!? ホントに??

って感じですよね(><;)
塩が目から出ない私達の身体は一体どうなっているんでしょう。。??

さて、電磁波の話。
私達の家の中には電化製品が多くありますが、日本はトイレにもありますね。
日本のトイレシステムは素晴らしく、博士も大変気に入っておられましたが、やっぱり電気。
しかも、どこにいてもwi-fiが飛び交い、それは、場所や時間によってはすごい数になることも。。
ちょっと博士もビックリしておられました。
電車も新幹線も全て電気。
電磁波対策は、なにかしら、やっぱり必要ですね。
スペクトロライト(ラブラドライト)の石は電磁波対策によいらしく、私も日常からペンダントでつけることにしました。

ちょうど、うちの敷地の角に電柱があり、ずっと気になっていたので、聞いてみました。
電柱が発する電磁波って、てっぺん(いろいろ器具がついているあたり)から斜め方向に出るらしいです。
なので、逆にま近なほうがマシだったりするらしい。

ところで、電子レンジは、誰もが使う電化製品で、もちろん博士もイギリスでは使っていらっしゃるワケですが、電子レンジを使ったら1分間放置する、というルールをご存じだったでしょうか?
私は知りませんでした~。。

なんでも、チンして1分以内の食べ物の中では、まだ電子の働きが収まっていないので、すぐに食べるのはよくないのだとか。(もしかしたら、私の表現はうまくできていないかもしれないけれど、とにかく1分以内は、水分の中に電磁の影響がそこにある、というようなニュアンスで受け取りました)
だから、チンしたら1分間はそのまま置いておいて、1分過ぎたら食べてOKみたいです。

「みんな電子レンジはよくないというけれど、使い方だよ」とおっしゃいました。

私の電子レンジは、引っ越し前のマンションの時から使っているから、10年以上使っているんですが、こういう家電は10年たったら買い替えるものだよ。今では性能もあがっているから、早く買い替えなさい、と言われました。

ほォ~~、そおなんですね。
近々、買い替えます~~。

次は水編を書いてみよう。。。
[PR]
by healingorchid | 2016-04-01 17:39 | ババプーレ博士から学んだ日常
昨日の「場のエネルギー編」に引き続き、今日は「食事編」です。

博士があらゆるもののことを瞬時にわかってしまうことは、みなさん、もうお分かりいただけたとは思うのですが、食事にも超!敏感。
なかなか博士を日本に呼べなかった理由のひとつは、ここにありました。
病気にするわけにはいかないもんね。

博士の場合、イギリスにいても、食べたもので体調を崩すことは多々あり、それはたいてい外食の時、またはいつも買ってる食材が品切れでいつもと違うものを買った時におこります。
外食の場合は、どんな食材がどう調理されているかわからない、というのは私達にも見当がつくところ。

普段から、博士は豚肉と鶏肉を食べません。
豚肉は、食べたら鬱になるから。(断り切れず外食で食べてしまって、後で具合悪そうなところをみたことがあります --;)
鶏肉は、ウイルスやバクテリアが多いから。

じゃ、牛肉は?となると、トウモロコシを食べて育っている牛はダメ。
(昨年、アメリカで食べた牛肉でえらいことになっていたそうで。。)
お肉の場合、飼料が問題なんですね。

イギリスでは、羊をよく食べておられますが、日本のスーパーでは手に入らないし。。

でも、せっかくの神戸だったので神戸牛は一度食べてみたいと思っていたみたい。
神戸牛は、トウモロコシの入った飼料を食べていないだろと仮定して(知らんよー)、これはセーフでした。(やれやれ)

博士は豆乳を飲まれるので、それなら、うちの近所にある、全国配送して行列のできる有名豆腐屋の豆乳なら大丈夫でしょう、と思い用意をしたら、これがダメ。
いっぱつで具合悪くなられたのでした。(ひゃ~~)

どうも、豆腐屋さんの豆乳は、スーパーで売られている豆乳とは違うらしく。。(--;)

で、どうしたらいいかわからなくなった私は、博士を近所のスーパーへ連れていき、自ら豆乳を選んでもらいました。
博士が選んだのは某大手メーカー、○○○ーマンの調整豆乳。(緑のパッケージの、よく見るやつ)
売り場で博士に持ってもらい、腕でキネシオロジーテストして選びました。

その横に、有機豆乳というのも売られていたので、こっちはオーガニックですよ、と言ったら、オーガニックの方がよくない場合も多々あるよ、と言われました。

ついでに、プリン大好きな博士は、陳列にならんでいるプリンを見つけ、「これ!」と手にとったのが、○○ナガの「焼きプリン」!
これは、「世界で2番目に美味しいプリン!」と喜んで食べておられました。

私もオーガニックの食材に関しては、いろいろ耳にすることが多かったので、やっぱり自分でOリングしながら食材を選ぶのが一番だとあらためて思った次第です^^

一事が万事、この調子だったので、なにが大変って、食事のお世話。。。

おかげで、なにがよくてなにがダメなのかが、よくわかってきたのは、ありがたいことです。
緑茶も、最近、家族から周ってきたお茶がダメで、ちょっと上等なのは大丈夫でした^^;
ちなみに、ペットボトルのお茶では、つきなみだけど、○○園の「○~い、お茶」でOK。
各社、いろいろ出してるけど、これでいいんですね。
(これは、以前、キネシオロジーのセミナーを開催した時も同じ結果)

博士からひとりOリングをもう一度学び、このたび、博士が勧めるOリング方式に、私も変えました。

うちで食事している分には、だいたいわかってきて、ほぼ問題なかったんですが、問題はホテルです。
東京では、ちゃんとしたホテルだったのでホテル料金のお高い朝食だったのですが、そこで出てくる朝ごはん(トースト、卵、ハム、ソーセージ、紅茶)が問題でした。
朝ごはんは、その日一日の体調に影響するから、ホントに。。。
大手ホテルの場合、たくさんの宿泊客の朝食を準備するから、食材にはほとんど気を配っていないんだろうな、って思います。。
具合悪そうな博士の横で仕事をする私は、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。。

博士にもうひとつ大切なのは、食材が正しくお料理されていること。
なので、外食も、ただしくお料理しているであろうお店を選ばなければなりません。
東京では、偶然にも近くによい大阪寿司のお店を見つけ(宮内庁御用達でした)、博士もとても気に入られ、ここなら安全と2回も足を運びました^^

こんな感じで、海鮮を主に2週間を過ごしていただきました。

ちなみに、博士はサラダを食べません。
なぜなら、バクテリアが多いから。
これは、博士だけが言ってることではありませんが、生野菜についているバクテリアが体内で悪さをするようですね。
しかも、オーガニックの野菜の方が、っていう話も聞きます。
野菜はしっかり火を通してたべましょう。

卵は、殻の茶色いものの方が、ビタミンAが豊富です。

あー、それから!
神戸牛など、霜降りのステーキを食べる時は、レアかウエルダンで!
私は今まで、ミディアムレアで注文することが多かったのですが、いつもお腹を通すので、霜降り肉は合わないと思っていたのですが、これは焼き方に問題があったようです。
まぁ、そんな機会は年間を通して数えるほどしかないのですけれど。。。
次回、参考のため。

次は、電磁波編を書こうかな。。
[PR]
by healingorchid | 2016-03-30 13:00 | ババプーレ博士から学んだ日常

フラワーエナジーの世界へようこそ♪サロンHealing Essenceです☆


by healingorchid