ブリト=ババプーレ博士から学んだ日常のこと(食事編)

昨日の「場のエネルギー編」に引き続き、今日は「食事編」です。

博士があらゆるもののことを瞬時にわかってしまうことは、みなさん、もうお分かりいただけたとは思うのですが、食事にも超!敏感。
なかなか博士を日本に呼べなかった理由のひとつは、ここにありました。
病気にするわけにはいかないもんね。

博士の場合、イギリスにいても、食べたもので体調を崩すことは多々あり、それはたいてい外食の時、またはいつも買ってる食材が品切れでいつもと違うものを買った時におこります。
外食の場合は、どんな食材がどう調理されているかわからない、というのは私達にも見当がつくところ。

普段から、博士は豚肉と鶏肉を食べません。
豚肉は、食べたら鬱になるから。(断り切れず外食で食べてしまって、後で具合悪そうなところをみたことがあります --;)
鶏肉は、ウイルスやバクテリアが多いから。

じゃ、牛肉は?となると、トウモロコシを食べて育っている牛はダメ。
(昨年、アメリカで食べた牛肉でえらいことになっていたそうで。。)
お肉の場合、飼料が問題なんですね。

イギリスでは、羊をよく食べておられますが、日本のスーパーでは手に入らないし。。

でも、せっかくの神戸だったので神戸牛は一度食べてみたいと思っていたみたい。
神戸牛は、トウモロコシの入った飼料を食べていないだろと仮定して(知らんよー)、これはセーフでした。(やれやれ)

博士は豆乳を飲まれるので、それなら、うちの近所にある、全国配送して行列のできる有名豆腐屋の豆乳なら大丈夫でしょう、と思い用意をしたら、これがダメ。
いっぱつで具合悪くなられたのでした。(ひゃ~~)

どうも、豆腐屋さんの豆乳は、スーパーで売られている豆乳とは違うらしく。。(--;)

で、どうしたらいいかわからなくなった私は、博士を近所のスーパーへ連れていき、自ら豆乳を選んでもらいました。
博士が選んだのは某大手メーカー、○○○ーマンの調整豆乳。(緑のパッケージの、よく見るやつ)
売り場で博士に持ってもらい、腕でキネシオロジーテストして選びました。

その横に、有機豆乳というのも売られていたので、こっちはオーガニックですよ、と言ったら、オーガニックの方がよくない場合も多々あるよ、と言われました。

ついでに、プリン大好きな博士は、陳列にならんでいるプリンを見つけ、「これ!」と手にとったのが、○○ナガの「焼きプリン」!
これは、「世界で2番目に美味しいプリン!」と喜んで食べておられました。

私もオーガニックの食材に関しては、いろいろ耳にすることが多かったので、やっぱり自分でOリングしながら食材を選ぶのが一番だとあらためて思った次第です^^

一事が万事、この調子だったので、なにが大変って、食事のお世話。。。

おかげで、なにがよくてなにがダメなのかが、よくわかってきたのは、ありがたいことです。
緑茶も、最近、家族から周ってきたお茶がダメで、ちょっと上等なのは大丈夫でした^^;
ちなみに、ペットボトルのお茶では、つきなみだけど、○○園の「○~い、お茶」でOK。
各社、いろいろ出してるけど、これでいいんですね。
(これは、以前、キネシオロジーのセミナーを開催した時も同じ結果)

博士からひとりOリングをもう一度学び、このたび、博士が勧めるOリング方式に、私も変えました。

うちで食事している分には、だいたいわかってきて、ほぼ問題なかったんですが、問題はホテルです。
東京では、ちゃんとしたホテルだったのでホテル料金のお高い朝食だったのですが、そこで出てくる朝ごはん(トースト、卵、ハム、ソーセージ、紅茶)が問題でした。
朝ごはんは、その日一日の体調に影響するから、ホントに。。。
大手ホテルの場合、たくさんの宿泊客の朝食を準備するから、食材にはほとんど気を配っていないんだろうな、って思います。。
具合悪そうな博士の横で仕事をする私は、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。。

博士にもうひとつ大切なのは、食材が正しくお料理されていること。
なので、外食も、ただしくお料理しているであろうお店を選ばなければなりません。
東京では、偶然にも近くによい大阪寿司のお店を見つけ(宮内庁御用達でした)、博士もとても気に入られ、ここなら安全と2回も足を運びました^^

こんな感じで、海鮮を主に2週間を過ごしていただきました。

ちなみに、博士はサラダを食べません。
なぜなら、バクテリアが多いから。
これは、博士だけが言ってることではありませんが、生野菜についているバクテリアが体内で悪さをするようですね。
しかも、オーガニックの野菜の方が、っていう話も聞きます。
野菜はしっかり火を通してたべましょう。

卵は、殻の茶色いものの方が、ビタミンAが豊富です。

あー、それから!
神戸牛など、霜降りのステーキを食べる時は、レアかウエルダンで!
私は今まで、ミディアムレアで注文することが多かったのですが、いつもお腹を通すので、霜降り肉は合わないと思っていたのですが、これは焼き方に問題があったようです。
まぁ、そんな機会は年間を通して数えるほどしかないのですけれど。。。
次回、参考のため。

次は、電磁波編を書こうかな。。
[PR]
by healingorchid | 2016-03-30 13:00 | ババプーレ博士から学んだ日常

フラワーエナジーの世界へようこそ♪サロンHealing Essenceです☆


by healingorchid